悪趣味姉弟

 ちょうどエキサイトの「今週のトラックバックテーマ」で、「背筋がぞくっとする怖い話は?」の募集をしていることもあり、昨日の「夏の定番」に引き続いてもう一つ、わたしの体験談を書いてみようと思う。自分としては怖いという印象より、未だに、不思議だったなぁという印象のほうが強い体験なのだが。



 1999年8月に、神奈川県の玄倉川で、家族連れ18人が増水した川に流されるという事故が起こった。

 8月13日に、横浜のある会社の従業員、数家族21人が、丹沢湖の上流に位置する玄倉川の中州にキャンプを張った。そこは正規のキャンプ場ではなく、また、降り続いている雨の影響で増水する恐れのある場所でもあった。そのため、近くの発電所の職員や地元の人たちが、この家族たちに安全な場所に避難するよう呼びかけた。その夜、ダムの放流が始まり、そのサイレンの中、家族たちには避難警告が出された。しかし、その呼びかけに応じ中州を引き上げたのは、21名中たった3名だけだった。

 そして翌14日の朝に、18人全てが中州に取り残された。はじめ膝くらいの水かさだったのが、みるみる腰、胸、肩という高さまであがってきて、午前11時すぎ、幼児も含む18人全員が濁流に飲まれたのだ。この様子はテレビでも報道されていたので、あのショッキングな映像によって、この事故のことを記憶に残している方は多いのではなかろうか。

 濁流に流された18人のうち、5人が自力で対岸に泳ぎ着くなどして救助されたが、残りの13人は、下流の丹沢湖まで流された模様。自衛隊なども動員され、行方不明者の捜索が続けられるが、濁りと増水のためなかなか発見できない。結局、数日かけて13人すべての遺体の引き揚げ作業が終了した。



 で、だ。その翌日の15日、もしくは16日だったか、どちらにしろまだ全遺体は回収できていなく、捜索作業が続けられている日だった。夏休みなのになんの予定もなく、家で暇だぁ~とだらけている姉弟ふたり。なにを思ったのか、突然、玄倉でも行ってみる?ということになったのだ。そう、野次馬である。ひょ~!なんて罰当たりな姉弟なんでしょうっ!?(((((( ̄□ ̄;;;

 それから車で1時間半ほどで丹沢湖に到着。普段はひっそりと人気(「にんき」でも「ひとけ」でもどちらでも(笑))のない丹沢湖なのだが、この日はさすがに関係者や野次馬でにぎわっていた。

 車でぐるっと湖の周りを一周する。どうやらちょうど遺体が発見され、いま引き上げられるというようなタイミングにも出くわした。が、さすがにそれをしげしげと見物したりはできない。報道関係者たちはばらばらと発見現場に向かってダムを降りていっていたが、わたしたちは、うわ~っと思いながらそのまま道を車で通りすぎた。

 いや、マジこんなことしていいのだろうか、という微かな罪悪感を持ちつつも、自衛隊の大きな黒いヘリが湖面すれすれを飛んでいるのなんかを見かけると、素直にすげぇ!とかも思ってしまった。

 そして、1時間くらいでひとしきり見物を終えると、東名やR246の渋滞を回避して、ドライブがてら篭坂を越えて道志を使って帰ろうということになった。山中湖にくだったところで軽食。道志道に入った頃には日が暮れかけていた。

 道志渓谷あたりにさしかかった頃には、もう真っ暗だったのだが、なにやらパトカーや人が多く出ている。なにかあったのかと聞いてみると、道志川で高校生らが数名流されたので捜索中とのこと。なんだかやりきれなくなって、胸がざわざわした。

 道志道は山梨方面から帰ってくるときに渋滞回避に使えるため、ちょこちょこ利用はするのだが、細くくねくねとした暗い山道が続くので、何度通ってもあまり気持ちのよい道ではない。その日もわたしたちの乗った車の前後には、ほとんど車はいなかった。

 そして、もう少しでR412に出れるかなというところまで差し掛かったとき、十数メートル前方の電線が突然、バチッ!ブブブブッ!という感じで火花を散らして切れたのだ。切れた電線は、火花を散らしながら、歩道の上をくねくねと踊っている。幸い車の通行に支障が出るような場所ではなかったので、急ブレーキを踏むこともなく安全にそこは通行できた。しかし、さてどうしよう?あれ、あのままじゃ危ないよな。警察か?電力会社か?とりあえずどこかへ連絡しなくては、と思っていたところに後方からパトカーが来て、そこに止まるのが見えた。なので結局、そのお巡りさんに任せておこうということで、なにもせず、車からもおりずに走り去った。

 その後、なにごともなく帰宅できたが、あれはちょっと不思議な体験だった。だって電線ってそんなに簡単に切れないよねぇ? 強風も吹いてなかったし。ただ、不思議ではあったし、親からも散々、罰当たりなことするから霊が怒ったんだ、なんてことも言われたが、自分の中では、その体験が霊的なものとは結びつかない。鳥がぶつかったのかな?とか、電線が劣化してたか、もしや隕石が当たったのか!?なんていうことしか思い浮かばないのだ。

 怖いのいや~!とか言っておきながら、実はいざとなったらわたしは、とてもしらけた人間になるのかもしれない(笑)。
 
[PR]
by mimimarutaro | 2005-08-26 16:09 | おでかけ


のあのあな生活を送りながら、もろもろのことを楽しんで


by mimimarutaro

プロフィールを見る
画像一覧

☆お知らせ☆

最新のトラックバック

盗撮リンク
from Megaporn盗撮ライブラリー
吉木りさ 熱愛中の彼氏と..
from 吉木りさ 熱愛発覚を決定づけ..
太陽光発電 省エネ住宅 ..
from 太陽光発電 省エネ住宅 太陽..

最新の記事

バトラーズ・フレンド
at 2012-10-07 12:12
ズゴック豆腐がいまいちだった
at 2012-10-06 14:14
フィルムスキャナー買っちゃった♪
at 2012-10-05 13:55
アメフト秋季リーグ開幕!
at 2012-09-04 17:20
野球観戦の夏
at 2012-09-02 11:42

カテゴリ

全体
おもうこと・できごと
本・映画
F1・車
アメフト
犬のこと
お金のこと
お家のこと
体のこと・心のこと
テレビ
ブログ・パソコン
短歌川柳
グルメ(お酒)
グルメ(外食)
グルメ(料理)
グルメ(商品)
携帯からつぶやく
CM・ポスター
社会・企業・問題
仕事(専業主婦)
仕事(テレホンオペレーター)
仕事(賃貸住宅仲介業)
仕事(飲食業)
仕事(部長の実験台)
仕事(就職活動)
おでかけ
恋愛
その他の趣味
未分類

以前の記事

2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
more...

フォロー中のブログ

☆☆☆ 神 戸 ☆☆☆
雑感 あるいは 玩具箱
*** ユ ミ ***
杏ダイアリー
掬ってみれば無数の刹那
お転婆コーギー犬とEOS...
貧乏OL生活
相模大野 BAR オード...
ギャラリー猫の憂鬱
~人生楽ありゃ苦もあるさ~
サモエド クローカのお気楽日記
暇な日
ぽぽ日和
デイリーパンダ
balmy**
ゆとりすと ~心のゆとり...
びびと私@とるにたらない日常
***ユミえもん*** ...
それいゆ1号
~秋色紫陽花と暮らす日々~
コーギーと風に乗って
40歳と36歳と猫2匹の日常
DreamFighter
ChezdanLife~...
旅の目
アルファのいる暮らし
Corgi Cottage*
猫とカメラと美味しいもの...
ヤマダです、茶トラです、...
ライズRB&TEバチコンブログ
そこそこです
ネット通販生活
車検に代車は要らないから...

外部リンク

検索

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧