カテゴリ:グルメ(お酒)( 44 )

5日間禁酒

 はい、もうネタがつきましたですよ。なので無理やり5を引っ張ってきましたですよ。最初、5週間で5kg減とかにしようかと思ったのですが、はじめから無理だとわかってるものを書くというのもなんだったので、まだ成功の可能性はある5日間禁酒にしときましたですよ。

 いや実は、先週の金曜日くらいから胃の調子が悪くって。それでも週末は飲んでいたんですが、さすがに昨日はお酒抜きました。で、どうせだから今日も抜いてしまえと、飲まずにネタにしたのですよ。

 お酒飲まないと夕食の時間が短いね。20時前にあっという間に終わっちゃったよ。なにしよう。もう寝ちゃおうかな。うだうだしてると寝酒とか飲みはじめちゃいそうだし(笑)。
 
[PR]
by mimimarutaro | 2006-02-05 20:23 | グルメ(お酒)

ママから荷物が届いた♪

a0006252_10121078.jpg

お酒へらせとか、もっと痩せろとか言うわりには、
こ~んなの送ってくるんだも~ん(笑)

やっぱいまの時期はお湯割りよね♪
[PR]
by mimimarutaro | 2006-01-21 10:12 | グルメ(お酒)

誤解?クレーム?クレーマー?

 昨日の魚醤にガラス片がとういう話だが、参考で苦情事例集を引いたように、あれが異物混入と誤解する人は多いのだろう。わたしもたまたま捨てようと思ったときに気づいたので、なんだろう?と冷静に考えられたのであって、いざ料理に使うぞというときだったら、HOOPさまのご指摘どおり、なんやこれはぁ~!?(怒)となったはずである。

 が、ワインの酒石は、魚醤石なんかよりは断然世に知られている存在で、ソムリエや酒屋が、ワインに異物が混入していたというクレームを受けて苦笑してしまうという話も有名である。え?有名なのは酒飲みの間だけだって??さもありなん。

 では、酒石についての豆知識を。酒石(ワインシュタイン)は、赤白ともに起こることがあり、ボトルやコルクの底に無色透明のもの、白濁したもの、赤ワインの色素と混ざったものなどが付着または沈殿する。これは、ブドウに含まれる酒石酸水素カリウム、または粘液酸カルシウムが結晶化したもので、どちらも天然成分。もちろん無害である。

 ちなみに、酒石が現れるワインというのは良いものが多いのだ。とくに白ワインでは、ドイツのアウスレーゼ以上の高級ワインに現れることが多いとか。ワイン飲みが酒石をみつけたら、ラッキー♪と喜びこそすれ、苦情を言うなんてとんでもない。レストランでそんな文句言ったら恥じかきまっせ。

 よしっ!これで「酒石を知らずに誤解からのクレーム」を何名分か防げたかもしれない♪(笑)

 しかし、世の中にはこういった相手の無知や誤解から生じるクレームというのが、かなり多いんじゃないかなぁと思う。知ってるだろう、わかってるだろうは駄目なのね。ちょっと一言そえてあげるだけで未然に防げることも。とは言っても限界はあるし・・・。サービス業や、顧客からの問い合わせに応じる仕事に従事している人たちは、本当に大変だぁね(-_-;)。
 
[PR]
by mimimarutaro | 2006-01-18 16:30 | グルメ(お酒)

年末日本酒オフ会

 年末から日本酒にはまっている。漫画「もやしもん」で日本酒への興味をかきたてられ、ここ数週間は明らかにワインよりも多く飲んでいる。

 実は先月28日、帰省のタイミングにあわせて関東在住ブロガーの逃げ水さん&あめびんさん(amebinさんは事情により現在ブログを削除しています)とオフ会をしたのだ。

 ブログやSNSで知り合って一緒にお酒を飲んだりというのが、わたしは既に日常的になりつつあり、「オフ会」というような感覚はもうゼロ。ああ、そう言えばそんな言葉もあったねぇという感じで、普通にただの「飲み会」という感覚。とは言え今回のamebinさん、前回の師匠と、ネットで知り合った人と実際に会うのは初めてという人も。2005年はオフ会バージンを2つも奪ってしまったことになり、ちょっとご満悦のみみまるである(笑)。

 で、そのオフ会でも美味しい日本酒が飲みた~い!とリクエストしたら、逃げ水さんが「吉本」というお店を予約してくれた。人気店らしく、到着すると店のなかはてんやわんやのごったがえし。とりあえずビールを頼みメニューを吟味。

a0006252_144842100.jpg 蜂の子やカラスミ、カニの内子など、珍味系が充実しているのが酒飲みには嬉しいところ♪ うるか(鮎のはらわたの塩漬け)、海鼠腸(このわた:なまこのはらわたの塩漬け)、氷頭(ひず:鮭の鼻の部分の軟骨をスライスして酢漬けにしたもの)の3点盛りを注文。その他もぽろぽろと。

 そして日本酒!ここは、800~1200円で3銘柄が楽しめる飲み比べセットが充実しているのが嬉しい。内容も、純米、吟醸、大吟醸、純米吟醸などがバランスよく組み合わされているため、作りの違いによる味や風味の違いがわかりやすくなっている。
 最初は3人とも真剣に銘柄を見ながら、どのセットがいいか吟味していたが、おいし~♪おいし~♪と飲み進めるうちに、もう銘柄なんてどうでもよくなり、最後は、まだ頼んでないセットを全部!といことに(笑)。いや、お店の人がそんなふうにしたんだけど(ちょっとだけ言い訳・笑)。

 19時半過ぎに入店し、出たのが23時過ぎ。だいぶゆっくりしたが、初対面ということ、これからまだ1時間半ほどかけて実家に帰らなくてはいけないことなどで、完璧に酔っ払うには至らず。そんなに突っ込んだ話はしなかったなぁ。ま、みんなオトナですから(笑)。amebinさん、最後お酒足りなかったみたいでゴメンナサイね(^^;A。次回は心ゆくまで呑みませう♪ 逃げ水さんも、2回目からは容赦しませぬゆえ、心していらしてくださいな♪

 お二人のおかげで、よい年末となりました。ありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願いいたします♪

a0006252_14494352.jpg

 
[PR]
by mimimarutaro | 2006-01-07 14:51 | グルメ(お酒)

レインボーブリッヂ封鎖できませ~ん!

 ようやくの思いで、お洒落で大人なバーだったはずの店から抜け出し、飲みなおしのための肴を調達しにコンビニへ。飲んだお酒の量と経過時間を考えれば、全然酔っ払うはずもないくらいなのに、ずっと興奮状態が続いているため、3人ともやけにハイテンション。

 寒空の下、なぜか師匠は「レインボーブリッヂ封鎖できませぇ~ん!!」と叫び、誰かがボケるたびに、どっひゃ~!っと地面を転がる始末。ゆみちんが一生懸命、上着、真っ白い服着てるんだからっ!と諭すも、まったく聞いていないし(笑)。

 コンビニでも3人してやっちまいました。大恥さらし。ゆみちんと師匠がチュー。え~!わたしも~!!と、3人クチ突き出していっぺんにチュー。完全にアホや~!!

 今夜のお宿は、留守中の知人宅。しかも、冷蔵庫のワイン、ここからここまでは勝手になんでも飲んでいいよというお墨付き♪(笑)

 まずは飲みなおしで泡からいこか、と、ゆみちんさすが、カヴァでなくシャンパン選ぶし。赤もちゃっかりいいやつ選ぶし(笑)。でも、なぜだか今夜は、本当にお酒がなかなか進まない。とにかく話すことに忙しいのだ。

 結局赤ワインをグラス1杯分くらい残して、気づけば朝の5時近く。と、とりあえず寝よか(^^;A。まあ、師匠のお家芸、マーライオンリバースも出なかったし、ゆみちんが絡んでダーリンに電話するようなこともなかったし、楽しく平和な夜でしたということで♪

 イラストは、小さなボケにもすかさず反応して地面を転がる師匠の図。ちなみに、この夜師匠はパンツルックだったため、残念ながらパンチラはありませんでした。イラストはただの読者サービスです(笑)。

a0006252_011312.gif

[PR]
by mimimarutaro | 2005-12-17 00:06 | グルメ(お酒)

お洒落で大人の・・・はずだったバー

 二次会は、美味しいモルトをそろえた、カウンターのみ8席ほどのオーセンティックなバーへ。マスターの腕がよくカクテルも美味しい。グラスはすべてバカラ。しっぽりと、言葉少なげに大人な飲み方をしたいバー。

 が、扉を開けた途端に、そこはコテコテ関西人のルツボΣ( ̄□ ̄;)

 みみまる : 今日3人なんですが席空いてます?
 マスター : えっと、1席丸椅子になってしまうんですが。
 客その1 : あ~!ええよええよ!あたしその椅子座るから!みんな奥に座ってや!
 ししょう : いえいえいえいえ!とんでもございません、その椅子にはアタクシがっ!!
 (ここで本気で椅子の取り合い。すばやすぎるぞ師匠!!)
 客その2 : ええねんて!ええねん!その子(客その1)に座らせとけば!
 ししょう : いやいやそんな、かたじけない!

 その後も、あんたらどっから来たん~? え~!?東京!?北海道!? どういう知り合いやねん? え~!! インターネットで知りおうてんって!驚きやな~!そんなんでそんな仲ようなれるんや?! と、コテコテ関西人との交流は続く。いや、これはこれでええねんけどな、わたしらちょっとくらい静かにしっぽり飲みたかってん!!

 そしてその後、さらなる恐怖が。そこには、これまでにも何度かお会いした、超濃いいご夫婦もいたのだ。少し離れて座っていたのだが、気づいてしまったらご挨拶に行かないわけにもいかず、とりあえず社交辞令を。そしたらそのご夫婦、ご主人はいつの間にか師匠が座っていた椅子(ゆみちんの隣)に移ってくるし、奥さんは師匠を連れて隣のスナックに行っちゃうし。なんちゅう夫婦やねんっ!

 しかし、ここでゆみちんの妙技を間近でとくと拝見。そのご主人に、絶妙なトークとボディタッチでごろにゃんと甘えて。こ、こりゃ落ちるね。このときはゆみちん、じゃれて遊んでるだけだったけど、本気になったらマジで落ちるね。なるほど、男というものはこうやって落とすものだったのか。勉強になりました( ̄人 ̄)合掌。

 だが、このご主人、散々ゆみちんに弄んでもらったクセに、けっきょく酒代おごってくんなかったしっ!(たしか)。天然なのか、そのへん実はちゃっかりケチなのか、はたまた財布は奥さんに握られているのか(この可能性が一番高い)。まったく、こっちは静かにゆっくり飲みたかったところを、ぎゃあぎゃあかきまわされたんだから、慰謝料請求してもいいくらいだったのにっ!!

 その後、マスターに隣のスナックから師匠を救い出してきてもらい、ご挨拶をして店を出る。気づけば、結局そのお店ではお酒は2杯ずつしか飲まなかった。のにっ!3時間近くもいたってどういうことよ?(-_-;)。なんかあまりの人の濃さに、まったく飲む気が起きなかったのよね。早く帰って飲みなおそ~!!
 
[PR]
by mimimarutaro | 2005-12-16 12:13 | グルメ(お酒)

長寿蔵

a0006252_2131770.jpg わたしのお気に入りの、白雪が経営しているビアレストランで、9月の北海道旅行のとき、ここの淡にごりをお土産に持って行ったら、ゆみちんもたいそう気に入ってくれたので、まずは長寿蔵で再会+師匠とははじめまして♪

 ゆみちんとはもう3度目なので、おぅ!ひさしぶり~♪ってな感じだったが、師匠は最初、緊張しどおしだったそうな。ビールを持つ手が震えていたのは、アルコールが切れたせいだと思っていたが、そんなに緊張してたのねん(笑)。

 で、まずは、ブログのイメージと想像が違う~!と。わたしは師匠は、もっと背が小さくて細くて幼顔というのを想像していたのだが、実物は、細くてはあっていたが、すら~っと背の高い大人っぽい顔の女性でした♪ 一番年下だったのに、一番大人っぽかったし・・・。
 そして師匠はわたしを、すっごいカタブツ、官公庁に勤めているような、カッチリしてちょっと恐い感じの女性を思い浮かべていたと、ギャップの差に驚いていた。すんませんねぇ、こんなん出てきて(笑)。
 ゆみちんのことは、師匠、どんな風に想像してたんだっけ? 想像通りだったんだっけ? やっぱりギャップがあったんだっけ? 聞き逃してしまったなぁ。

 なんだかみんな興奮状態で、食もお酒もあまり進まない。いっつも思うのだが、喋る、食べる、飲むの3つには、すべてクチが必要ではないか。こんな楽しい時間を、1つの器官だけでこなしきれるはずがない。もしそれぞれ別の器官が受け持ってくれたとしたら、すべて余すところなく楽しむことができるのに!
 で、考えたのが、食べるのは口にまかせ、飲むのはグラスに指でも突っ込んで粘膜吸収、お喋りは脳が直接通信しあうというのはどうだろう(笑)。

a0006252_21323939.jpg そんなアホなこと言ってる間に、ビールからメインの淡にごりに移行。辛口100mlを3つで注文すると、ゆみちんがすかさず、ボトルで注文しちゃったほうがいいんじゃない? うん、わかるよその気持ち(笑)。でも、お店で淡にごりを飲むときには、ちょっとしたお楽しみがあるのよ♪
 いざ運ばれてきた淡にごりは、口の細いジョウロのような容器で、酒器のはるか上から注ぎ込まれる。そのパフォーマンスに、3人で大騒ぎ。表面張力で酒器からこんもり盛り上がった淡にごりを見て、また拍手。で、1滴も漏らすものかと、器を置いたまま口を近づけていって啜るというオヤジ飲み(笑)。

 けっきょくビール2杯、淡にごり2杯、伊丹諸白2合を3人でという、わたしたちにしたら全然お酒がすすんでいない状態。なのに興奮状態と、喋りすぎ笑いすぎの酸欠が伴ってか、なんだか既にノーミソがどこかへ出かけてしまった感じ。途中、なぜだか師匠は眉間のシワに一生懸命つま楊枝をはさもうとするし。いや、そそのかしたのはわたしらなんだが(笑)。

 そして3人は二次会で、バーに移動するのであった☆
 
[PR]
by mimimarutaro | 2005-12-14 21:38 | グルメ(お酒)

Heurige 2005

a0006252_1765051.jpg いつの間にか毎年恒例となってしまったホイリゲ。今年も味わいに行ってきましたよ。この時期、一度はホイリゲを飲まないと。これでその年のワインの出来を確認するのだ。な~んて立派な舌や鼻は持ち合わせていないのだけれど、なんとなくわたしにとってホイリゲを飲みにいくことが、ワインを愛でる儀式のようになってしまったのだ。

 新酒を仕込んですぐの、本当に若い若いまだもろみの状態のワイン。「ホイリゲ」というともう新酒の意味になるから、正確にはシュトルム? でも、日本では新酒はヌーボーで、このもろみの状態のワインはホイリゲで通っているっぽい。微炭酸でシードルのような色と味と甘さ。アルコール度は、3~5%くらいだろうか。お酒の苦手な人でも美味しく飲めると思う。

a0006252_17717100.jpg ドイツやオーストリアでは、この時期ホイリゲ(シュトルム)はあちこちで飲めるらしいのだが、日本では酒税法の関係で、ワイン醸造場以外での販売(移動?)が禁じられている。そのため、日本でホイリゲを飲みたければ、この時期に、ホイリゲをふるまってくれるワイナリーに行って飲むしかない。そして幸運なことに、神戸には毎年だいたい11月いっぱいまでホイリゲを飲むことができる、神戸農業公園があるのだ。

a0006252_177469.jpg 今年は、神戸ワイン城(農業公園)は入園が無料になっているかわりに、ホイリゲの試飲は有料(コップを100円で購入)だったのだが、いままでで1番たくさん飲んだかもしれない(笑)。いつもは小さなコップで、何回も注ぎにいかなくてはいけなかったり、無料だからという遠慮もあったので(^^;A。

 で、今年のホイリゲは、去年に比べると少しさらさらした感じ。いや、去年の粘度がとくに高かったのだと思うけど。でも、酸味の少ないフレッシュで優しい甘さはいつもの通り。あ~、うま~い♪ 添加物もほとんど無いと考えていいんだろうな。ほんと~に美味しい♪

a0006252_178166.jpg 農業公園では、のんびりとお散歩もして、その他のワインの試飲(無料)や、ここでしか飲めない蔵出しワイン(1杯200円)なんていうのも飲んでみた(写真左のやけに泡立っているやつ)。「ここでしか飲めない」これに弱い(笑)。が、これは大失敗。なにがど~なってこんなことに?!というほど酸味がひどい。味も香りもなく、ただただすっぱ味だけの液体だった。一樽空ける途中で、ヘタに発酵がすすみすぎちゃったのかしらねん(ノ_・。)

 失敗もあったが、今年も無事ホイリゲが飲めました♪という満足感で、心は満ち満ち。さ~、これからユニバーに移動して、気合入れてKGの応援するぞ~☆
 
[PR]
by mimimarutaro | 2005-11-16 17:10 | グルメ(お酒)

11月度のシャンパン飲み会 in 天5 ディーバ

 わんわんわんわん!の日は、ギャラリー訪問に続いて、mixiコミュ、シャンパンラバーのシャンパン飲み会に参加。場所は天神橋筋商店街にあるディーバというフレンチ。初めてのエリアで、天神橋なん丁目を略して、天5とか、天6とか呼ぶのだということも初めて知る。そしてもう一つ、北浜から待ち合わせの扇町に移動するに、これまた初めての堺筋線を利用。北浜で地下に降りたとき、ホームにすべりこんでくる電車を見てびっくり!阪急やんか~♪

 直接お店にたどり着くことができなさそうな人は、カンテーレ前に集合。もちろんわたしはこっち。で、見事に人違いして、知らない人にmixiの方ですか?と声を掛けてしまった!(汗) くぅ。ギャラリーでいただいた缶ビールのせいにしておこう(笑)。

 その後無事待ち合わせ組みと合流。お店に連れて行ってもらう。お店は、こりゃやっぱ一人じゃたどり着けないわ。っつか、駅まで帰って来れる自信もないわ、というような入り組んだ商店街の中だった。

 その日集まったメンバーは8名。うち、5名がはじめましての方。が、会に慣れてきたのか、いいペースで飲み始めたからか、今回はまったく違和感なしに溶け込めた感じ。みなさんとも満遍なくお話もできたし♪

 シャンパンコミュということで、用意されたお酒はもちろんシャンパン。今回は、メンバーセレクトのシャンパンをすべて持ち込みにさせてもらった。5種類、全9本。

a0006252_1221617.jpg ☆ Delamotte blanc de blancs NV 2本
 ☆ Delamotte blanc de blancs 1997 2本
 ☆ Delamotte Rose NV 2本
 ☆ Veauve Cliquot Brut Yellow Label NV 2本
 ☆ Piper Heidsieck Brut NV 1本


 ワインクーラーは、即席の逸品。ワインの空き木箱にビニール袋を敷いて、氷と水を入れたもの。お店の機転が素敵。そして、9本の泡が並ぶ様もステキ☆

 お料理は、一人5,250円のコースで、以下の内容。

 ☆ 無花果と鴨の生ハム(?)
 ☆ 鱈の白子の洋風茶碗蒸し
 ☆ 平目と帆立のムース
 ☆ 鶉のパイ包み
 ☆ フロマージュ
 ☆ 栗のタルト(?)バニラアイス添え
 ☆ コーヒー

a0006252_12231088.jpg

 すっごいボリュームだから覚悟しておいてね!という前評判だったが、わたしはペロッ♪ てへへへ(^^;A。でも、一皿一皿のポーションは確かにどっしり。そして鶉が絶品だった!! バターの利いたパイ生地とソースと鶉肉がばっちりマッチ。そして、ゴメンナサイ、ここでとうとう赤ワインを頼んでしまった。泡会なのに(^^;A。いや、でも、あの鶉の皿を前にしたら、赤が欲しくなるから。

a0006252_12244844.jpg いくらしっかりとした泡でも、やはりジビエの前ではどうしても物足りない。いままで泡一本で通すというのはほとんどなく、自然と泡→白→赤をしていたので、あらためてお料理とワインのバランスの重要さを実感できた感じかな。逆に。そして、泡にはやはり前菜系が一番合うということも。泡は、泡だけですでに存在感があり、主役であり、それでいて繊細でもあるから、圧倒的に泡を食ってしまうような料理とは相反するものなのかもしれないなぁ、と。これまた一つ勉強になったかな。本などでよく見る知識を体感したという意味で。

 参加する毎に、どんどん楽しくなってくるこの会。残念ながら12月の昼牡蠣泡会には参加できないのだが、マイミクも飲み友達もうなぎのぼりで増えていて、いつもどこかで楽しげな飲み会の話が♪ 先の楽しみも尽きません☆
 
[PR]
by mimimarutaro | 2005-11-16 12:25 | グルメ(お酒)

酒豪女勢ぞろい

SNSのmixiで、先月から参加しているコミュ「シャンパンラバー」のオフ会があった。
もちろん、目的はシャンパン。

場所は中山手通にあるMAY-HWAという中華料理店。
店の名前にもなっている梅華さんという女将さん(?)が、
ピチピチの神大生たち(♂)をアルバイトに従え、切り盛りしている。
レストランというよりも、バーか、サロンかというような雰囲気の店で、
これもまた神戸!というイメージである。

しかしこの店、シャンパンは置いていない。
幹事のカンナさんが交渉して、ヴーヴクリコを3本入れてもらい、
なんと、グラスも自ら持ち込みで用意してくれたのだ。

10月は「中華でシャンパン」というテーマが早々と決まっていたのだが、
わたしだったら普通、「シャンパンを置いてある中華料理店」を探してしまいがち。
しかしそこは、さすがバイタリティー溢れるカンナさん。
「お気に入りの中華料理店でなんとかシャンパンが飲めないか」といった発想で入るところが違う。
で、交渉。グラスまで自分で用意するという行動力とパワフルさ。
しかもそれが、全然強引な感じがせず、お店側も快く受け入れてくださるのは、
やはり彼女の魅力なのだろう。感服。

メンバーは女性ばかり、6名。
みなさん、綺麗で女性らしく、個性豊かな方ばかり。
様々な習い事をされていたり、色々なイベントに参加されたり、
1分1秒も無駄にせずに女として生きてますっ!!
という表現が当てはまるかのような女性たちでした。

で、わたしはといえば、あまり化粧もせず、着飾ることもせず、
のんびりのほほんと生きているといった感じで、ちょいとコンプレックスも。
みんなの勢いに飲まれて、浮いているというか、沈んでいるというか、そんな状況(^^;A

ちょっとしたパーティーや会食で、たまたま同席した初対面でその場限りの人たちとの、
軽く楽しくどこか上っ面な会話と、その場の雰囲気というものに馴染むのは、苦手ではない。

でも、その場限りにはならないであろう席、初対面だけれど、
これからも交流が継続するであろう人たちとの会話、これがわたしは苦手なのだ。

失礼にならないよう、相手の話をどこまで突っ込んで聞いていいのかがわからない。
ドン引きされないよう、自分の話をどこまでオープンにして話していいのかがわからない。
そのバランスに困って、つい苦笑いをしてしまう。

まあ、酒が入ればそれも解消されてくるんだが(-_-;)
コツはさっさと酔っぱらうことかしらねん。

そんな人付き合いのヘタさと、社会とのつながりの希薄さ解消のために、
このコミュへの参加は、いい機会になりそうだと思っている。
まあ、シャンパンが絡むので、どうしても会費は高価になってしまうんだけどね(^^;A
でも、今後もなんとか積極的に参加できたらいいなぁと。

金曜日の会は、6名、そろいもそろって酒豪女たちだったので、
一度馴染めば絶対に楽しい会になるはず♪
持ち込みのヴーヴクリコ3本を、みんなで遠慮しがちに飲み干したあと、
紹興酒2本が空になるのの早かったこと早かったこと。
きっと、こっちがみんなの本当の姿ですな(笑)。
 
[PR]
by mimimarutaro | 2005-10-24 16:43 | グルメ(お酒)


のあのあな生活を送りながら、もろもろのことを楽しんで


by mimimarutaro

プロフィールを見る
画像一覧

☆お知らせ☆

最新のトラックバック

盗撮リンク
from Megaporn盗撮ライブラリー
吉木りさ 熱愛中の彼氏と..
from 吉木りさ 熱愛発覚を決定づけ..
太陽光発電 省エネ住宅 ..
from 太陽光発電 省エネ住宅 太陽..

最新の記事

バトラーズ・フレンド
at 2012-10-07 12:12
ズゴック豆腐がいまいちだった
at 2012-10-06 14:14
フィルムスキャナー買っちゃった♪
at 2012-10-05 13:55
アメフト秋季リーグ開幕!
at 2012-09-04 17:20
野球観戦の夏
at 2012-09-02 11:42

カテゴリ

全体
おもうこと・できごと
本・映画
F1・車
アメフト
犬のこと
お金のこと
お家のこと
体のこと・心のこと
テレビ
ブログ・パソコン
短歌川柳
グルメ(お酒)
グルメ(外食)
グルメ(料理)
グルメ(商品)
携帯からつぶやく
CM・ポスター
社会・企業・問題
仕事(専業主婦)
仕事(テレホンオペレーター)
仕事(賃貸住宅仲介業)
仕事(飲食業)
仕事(部長の実験台)
仕事(就職活動)
おでかけ
恋愛
その他の趣味
未分類

以前の記事

2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
more...

フォロー中のブログ

☆☆☆ 神 戸 ☆☆☆
雑感 あるいは 玩具箱
*** ユ ミ ***
杏ダイアリー
掬ってみれば無数の刹那
お転婆コーギー犬とEOS...
貧乏OL生活
相模大野 BAR オード...
ギャラリー猫の憂鬱
~人生楽ありゃ苦もあるさ~
サモエド クローカのお気楽日記
暇な日
ぽぽ日和
デイリーパンダ
balmy**
ゆとりすと ~心のゆとり...
びびと私@とるにたらない日常
***ユミえもん*** ...
それいゆ1号
~秋色紫陽花と暮らす日々~
コーギーと風に乗って
40歳と36歳と猫2匹の日常
DreamFighter
ChezdanLife~...
旅の目
アルファのいる暮らし
Corgi Cottage*
猫とカメラと美味しいもの...
ヤマダです、茶トラです、...
ライズRB&TEバチコンブログ
そこそこです
ネット通販生活
車検に代車は要らないから...

外部リンク

検索

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧