カテゴリ:恋愛( 10 )

お久しぶりぶり

やっほー。

いつものごとく、大分ご無沙汰しておりました(笑)

ご報告がございますです。


オイラ、結婚することになりました。

実はですね・・・・・
[PR]
by mimimarutaro | 2010-09-24 18:52 | 恋愛

一人飲みがつまらなくなった

 彼と暮らしはじめて、はや10ヶ月。会社の飲み会や、今日はものっすごく遅くなるという日以外は、毎日一緒に晩酌をしている。

 同居(同棲?)する前は、一人で過ごす時間が大好きだったので、一人の時間が減って、ストレスを感じてしまわないだろうかと心配だったのだが、幸いにも無職でやってこれているので、彼が仕事に出ている間中、1日12時間くらいが全部一人の時間となっているから、まったく問題が無い。

 そして、一人飲みも好きだったのだが・・・。

 同居して2ヶ月くらい経ったころ、彼が忘年会か何かで、家で食事を取らない予定の日が出来、久々の一人飲みだわ♪と、とっても楽しみにしていて、当日も心おきなく、手抜き料理で呑んだくれ、幸せに酔いつぶれたのだ。

 でも、それから1~2ヶ月に1度くらい、一人飲みの機会ができるのだが、なんだかどんどん、一人飲みがつまらなくなってきた。お酒もすすまない。

 一緒の晩酌に慣れてしまうと、やっぱり2人で飲み食いしたほうが、断然楽しくて、お酒も美味しいと思うようになったようだ。

 まあ、同じくらいのペースで飲めて、わたしの腕がいいので(笑)、毎晩ご飯も美味しいし、トラブルも無いから、深刻な話し合いなんかも不要で、アニメとかスポーツとか、見たいテレビの趣味も合うときたら、そりゃ一緒のほうが楽しいと思うのも当たり前か。
[PR]
by mimimarutaro | 2010-08-03 16:01 | 恋愛

夕食とコブクロと喧嘩無用

 毎日、夕食の献立を考えるのが、本当に面倒くさい。朝、起きたときから、今日は何にしよ~、なんて考えてしまうことも。ちょっと憂鬱だ。

 昔、母親に、何食べたいか聞かれて、何でもいいと答えたら、それが一番困るのよ!と言われたことがあるが、いまはまさにその心境。

 多分、作ってもらうのに、あれこれと要求するのが申し訳ないという気持ちがあるのだろうけれど、彼に何を食べたいか聞いても、絶対に何でもいいと返ってくるのだ。

 で、母親よろしく、それが一番困るの~!と言い返したりすると、「何が食べたいのなんてお聞きになりますが、言ったところでそうならないのに、なぜ聞くのでしょう♪」なんていう、コブクロの歌を歌って返されたり。

 まあ確かに、言われたその日にリクエスト通りのお料理が出せるとは限らないけれど、でも、こんなのが食べた~い、というのを言っておいてもらえると、「何」からじゃなくって、「どれ」からでメニューを決められるだけ楽になるのよ~!!

 と、そんな感じの言い合い(?)はあるが、実は、彼との付き合いは、かれこれ3年ほどになるが、まだ一度も喧嘩をしたことがない。

 これまで付き合った人が、割と、激昂するタイプだったり、我が強かったりで、喧嘩なんて付き合って間もなくで、1度は勃発するものだと思っていたのだが、今回はあれよあれよで、なんだかここまできてしまった。

 自分も我は強いほうだし、疲れるとイライラしてしまったりするのだけれど、何故か彼といると、喧嘩にまではならないのだよ。自分でも不思議だ。

 そういえば、7歳年上の旦那様と結婚した友達が、昔、旦那様が寛容すぎて、喧嘩にもならず、それが不安というか、不満というか、という愚痴をこぼしていたことがあった。

 喧嘩なんて、しないで済むならそのほうがいいとは思うが、友達の気持ちもわかるような気も。だって、喧嘩してでも、やっぱり一緒にいたいと思えればいいけど、喧嘩してみたら、どうしても相容れなかったとなったら困っちゃうしねぇ。

 まあ、いまの生ぬるさが心地よくて好きだから、とりあえず行けるとこまで現状維持でいいんだけどさ。

 なんだか取りとめのない話になってしまったが、さて、今晩のメニューはどうしようかねぇ・・・。
[PR]
by mimimarutaro | 2010-01-29 16:17 | 恋愛

あなただけみつめてる

 この前、とくダネ!の朝のヒットスタジオで、大黒摩季が「あなただけ見つめてる」を歌っていたのを聞いて、アホな元彼を思い出しイヤ〜な気分に。

 当時付き合っていた大嫌いな彼(笑)が、この曲を聞いて、心底理想的だというようなことを言っていて、なおかつわたしにも歌詞のような変化を強要するようなことがあったので。

 わたしが、わたしの家族や友達と一緒に過ごすことすら嫉妬したり、嫌がったりするようなヤツだったので、歌詞のようにすべてをなげうって、自分が一番と思ってくれるような女になって欲しいと思っていたんだろうね。ぶるるる。

 曲自体は嫌いじゃないけど、この歌詞のような女のどこがいいわけ? どこに魅力を感じるのかまったく不明。というか、この曲って、そういう女を皮肉ってる歌でしょ?? わたしはそう捉えていたけど。

 自分で勝手に変わる、自分の変化に自分でも満足、っていうのならいいけど、人に指図されて変わる気なんざ、さらさらないし。元彼のことを思い出すと、イヤ〜な気分にもなるけど、逆にいまの自由をあらためて実感できて満足はできるかな。
[PR]
by mimimarutaro | 2009-02-15 16:31 | 恋愛

共通項

 みみまるちゃんとの飲み食いを楽しめるよう、普段の食生活は気をつけるようにするんだ。とは、パピーおよび店長のお言葉。似たようなタイミングで、同じような発言があって可笑しかった。でも、ごめんね、ふたりとも。わたしには、そんな殊勝な気持ちはないよ。いつだって美味しいことにはだらしがないんだもん(笑)。

 ついこの間だって、弟と昼間っから道頓堀でお好み+もんじゃでビール、その後向かいのサイゼリアに移動して、ワインで2次会。なんてアホなことしてましたから♪

 そして共通項はこんなところにも。

 自他共にデブ専が認められつつある今日このごろ。だってぷよぷよしたお腹をさわるのは気持ちがいいのさ。ついついパピーのお腹にも、店長のお腹にも手が伸びてしまう。そこでもふたりは言う。「いつでもさわって」って。
 うん、言われなくても勝手にいつでもさわらせてもらうけど、わたしは自分の体を、あなたのものだというような認識や発言は、絶対にしないと思う。それが男女の考え方の違いなのか、個人の認識の違いなのかはわからないけれど、自分の体は自分のものだ。許可無く誰かの自由にさせるなんて考え方はありえない。わたしの心が狭いのか?彼らが寛容なのか?

 また、それぞれ会ってみたい、一緒にお酒を飲んでみたいということも言っていた。そんな趣味の悪いことはしないけどさ。でもパピーには、もし3人で飲むようなことがあったら、そのときは店長とわたしが関西を訪ねたときで、パピーの目の前で店長とホテルに消えていくわよ、と言っておいた。それは、店長の目の前でパピーにさよならのキスをすることでもあるんだけど(笑)。

 大嫌いだった、死ぬほど嫌いだった、いやむしろお前が死ねというほど嫌いだった元彼と別れて、パピーとお付き合いするようになったときには、あ、こんなところが似てるな、なんてことまったくなかったのに。

 わたしがパピーに育ててもらったように、今度はわたしが年上の男を育てるのも悪くはないかもと思っている。と、店長に話したことがある。それはやっぱり、パピーのような男に仕立てたいということなんだろうな、自分。店長はいろいろなこと、決してセンスは悪くないし、素質はあると思うから、ホント、いい男になるだろうと思う。でも、それってやっぱりいつまでもパピーの面影をかぶせてしまうということだよなぁ。似ている部分があるからの悩みかね。

 そうそう、そういや店長は、顔がところどころ、その死ねばいいと思うほど嫌いな元彼に似ているんだけどね(爆)。
[PR]
by mimimarutaro | 2007-05-21 11:34 | 恋愛

またデェト

 てんちょと2度目のデートは、超スペシャル大サービス!! わたしがドライバーを買って出てのアサヒビール工場見学

 いや、ちょっとわたしが車を出す用事があったからなんだけどね。でも、パピーが聞いたらまた、「俺そんなことしてもらったことないーーーっ!!」とか言うんだろうな(笑)。

 そーだよっ!! わたしちょっと気がついてしまったんだ。パピーとはできなかったこと、できないことを、誰かとしたいんだなと。休日に遊びに出かけたりとか、一緒に犬の散歩行ったり、公園でキャッチボールしたり。

 あと、神戸ではアウェイであったし、自由になる車もなかったから、いっつもパピーに色々連れて行ってもらうばっかりだった。でも、わたしってばけっこうおせっかいやきな性質も持っていて、自分の好きな店とか場所とか、人に紹介したり案内してあげたりするの好き。人をよろこばせるの好き。だから、本当は自分のホームにパピーが来てくれたら嬉しいな、とずっと思っていたんだよね。

 だけど、それは無理な話だから、誰か代わりになる人が欲しかったのかな・・・?

 でも、てんちょのことは、ちゃんと好意を持ってるし、一緒にいたら楽しいし。もうしばらくは、「楽しいから♪」という動機だけで遊んでいてもいいよねぇ・・・?!

 ちなみに工場見学のあとは、箱根をドライブして、地元に帰って車を置いた後、七輪で焼く煙もくもくの小汚〜いホルモン焼き屋さんで一杯。で、またね!のときに、焼肉のにおいに包まれながらの初KISS(爆)。パピーとのデートは、いっつも洗練されていたからね。まあ、こういうのも悪くないんじゃなかろ〜かと♪
[PR]
by mimimarutaro | 2007-05-04 13:05 | 恋愛

アンフェアなのは誰か

 店長とパピー、互いにその存在は知らせている。
 
 それがフェアだと思ったから。
 
 嫌ならやめとけ。好きなら覚悟しろ。くらいの気持ちはいつも持っていたから。
 
 ただ、言いにくいことだし、まだ一度のデートしかしてないし、店長にはどこまでちゃんと伝わっているか疑問だった。まあ、ようするに、かなりオブラートに包んで話しちゃったってこと(^^;)。

 が、この前、5月の予定を聞かれ、GW明けにちょっとゆっくり関西のほうに行ってきます、と答えたあと、しばらく重苦しい沈黙が流れてしまった。

 その時の店長の難しい表情を見たら、もしやアンフェアなことをしているのは、わたし?と思ってしまった。

 二股をかけるようなことをしているのが、ではなく、店長と何かをはじめてみるつもりだったならば、隠し事をする後ろめたさを背負うこと、自分が悪者になる覚悟、そんなものを持たなくてはいけなかったんじゃないのかな、と。

 でも、「自分はいつでも自由である。嫌ならやめとけ。好きなら覚悟しろ」という考えは、6年前に再び自由を手にしたときから、絶対に曲げる気はないのであるョ。
[PR]
by mimimarutaro | 2007-04-26 12:48 | 恋愛

初デートその後

 初デート後、はじめて職場で顔を合わせたときには、「なんとなく照れくさいね」なんて言葉を交わしたものの、その後はいたってフツーのお仕事風景。

 その取りつく島の無さに、少々「なんか寂しぃ〜、かまって欲しいな〜」なんて気持ちはわいたものの、色恋にうつつを抜かしながらできる仕事でもなし。また、わたしのほうがずっとクールに映ってしまっているだろうから、きっと店長のほうがよっぽど寂しい思いはしているはずさ。ふん。

 でも、これまで、ず〜っとこのスタンスで仕事をしていたわけだから、そして二人ともいいオトナなわけだから、この日常のほうが、まったくもって自然なのだよネ。だから、あのデートの記憶のほうが嘘、または幻だったんじゃあ?なんて思えてきてしまう。でも、その仕事もあとわずかなんだけどね。
[PR]
by mimimarutaro | 2007-04-26 11:09 | 恋愛

こんなのチョロイ!

 この間、店長と物件の写真を撮りに出かけた。ある物件を、ちょうどよい角度で撮るためには、ちょっとしたフェンスを乗り越えて遊歩道に出なくてはいけなかったので、店長が巨体を舞わせて乗り越えて行った。

 思わず、「こんなのチョロイ!」とわたしも乗り越えてやろうかと。んが、もうそんな年でもないのでやめておいた。

 そんな年(?)であった28歳のわたしの想い出は、むらさきのバラのパピーのものだけにしておいてあげようと(笑)。
[PR]
by mimimarutaro | 2007-04-23 13:08 | 恋愛

初デート☆

 一昨日は記念すべき初デート。相手はいまの勤め先のてんちょ。

 横浜駅で待ち合わせて、みなとみらいをお手てつないでぶらぶらして、相合傘して、大さん橋のウッドデッキで滑ってこけて抱き起こされて、タイ料理食べて、電車に乗ってバイバイして帰ってきた(笑)。

 まずは初デートなんてざっと6年ぶり。職場で毎日顔を合わせているうえ、何度か一緒に飲みに行った仲とは言え、仕事を離れたところでのごくスタンダードなデートの待ち合わせに、メチャクチャ緊張。しかも電車2本分も早く着いてしまって、待っている間緊張は高まるばかり。ほんま貧血おこすかと思たわ。

 しかし、そんな緊張は会ってしまえば自然となごみ、ちょっとギクシャクしながらもお手てつないでイイ感じのムード。あいにくの雨も、静かでしっとりとした大人の雰囲気を作ってくれているのかな。

 まったりとろんとした空気を醸しつつ、つい頭の中では色々な考えをめぐらせてしまう。この人は何を好んで何を嫌うタイプなんだろう?わたしのどんなしぐさや表情がツボなんだろうか?どうやったらより自分に夢中にさせつつ、適度な距離を長く保っていられるのだろう?そもそもわたしはこの人のことをどれだけ好きなんだろうか?親近感は確かに感じている。そして恋のはじまりの悦びもたしかに楽しんでいる。でも・・・。ああ、女って本当に恐い。その事実を、深く傷つく前に、どうか気づかせてあげたい。この人に。

 なんて、そんな冷めた一面をそっと隠しつつも、心からとろりと微笑めるような、ありあまる暖かさで1日過ごしたこともまた事実。そして、セックスをしてしまった相手とは、決して楽しめない緊張感と距離感。それがとっても官能的でくらくらしそうだった。昔、元彼のせいでセックスが大嫌いだった頃の自分とはもう違う。その良さをじゅうぶん知ったうえでの、あえてのプラトニックは本当に官能的。男の人には酷なのかもしれないけれど、わたしはまだまだこの甘美を味わいたい。だからまた、どうやったらこの時間を長く引き延ばせられるのかと考えをめぐらす。

 あぅ、やっぱり三十路女に「初デート☆」なんて初々しさは皆無なのだろうか。いや、見た目はじゅうぶん初々しい初デートだったんだけど。ずいぶんとしたたかに強く貪欲になったものだな、自分。
[PR]
by mimimarutaro | 2007-04-19 00:04 | 恋愛


のあのあな生活を送りながら、もろもろのことを楽しんで


by mimimarutaro

プロフィールを見る
画像一覧

☆お知らせ☆

最新のトラックバック

盗撮リンク
from Megaporn盗撮ライブラリー
吉木りさ 熱愛中の彼氏と..
from 吉木りさ 熱愛発覚を決定づけ..
太陽光発電 省エネ住宅 ..
from 太陽光発電 省エネ住宅 太陽..

最新の記事

バトラーズ・フレンド
at 2012-10-07 12:12
ズゴック豆腐がいまいちだった
at 2012-10-06 14:14
フィルムスキャナー買っちゃった♪
at 2012-10-05 13:55
アメフト秋季リーグ開幕!
at 2012-09-04 17:20
野球観戦の夏
at 2012-09-02 11:42

カテゴリ

全体
おもうこと・できごと
本・映画
F1・車
アメフト
犬のこと
お金のこと
お家のこと
体のこと・心のこと
テレビ
ブログ・パソコン
短歌川柳
グルメ(お酒)
グルメ(外食)
グルメ(料理)
グルメ(商品)
携帯からつぶやく
CM・ポスター
社会・企業・問題
仕事(専業主婦)
仕事(テレホンオペレーター)
仕事(賃貸住宅仲介業)
仕事(飲食業)
仕事(部長の実験台)
仕事(就職活動)
おでかけ
恋愛
その他の趣味
未分類

以前の記事

2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
more...

お気に入りブログ

☆☆☆ 神 戸 ☆☆☆
雑感 あるいは 玩具箱
*** ユ ミ ***
杏ダイアリー
掬ってみれば無数の刹那
お転婆コーギー犬とEOS...
貧乏OL生活
相模大野 BAR オード...
ギャラリー猫の憂鬱
~人生楽ありゃ苦もあるさ~
サモエド クローカのお気楽日記
暇な日
ぽぽ日和
デイリーパンダ
balmy**
ゆとりすと ~心のゆとり...
びびと私@とるにたらない日常
***ユミえもん*** ...
それいゆ1号
~秋色紫陽花と暮らす日々~
コーギーと風に乗って
40歳と36歳と猫2匹の日常
DreamFighter
ChezdanLife~...
旅の目
アルファのいる暮らし
Corgi Cottage*
猫とカメラと美味しいもの...
ヤマダです、茶トラです、...
ライズRB&TEバチコンブログ
そこそこです
ネット通販生活
車検に代車は要らないから...

外部リンク

検索

人気ジャンル

記事ランキング

画像一覧