<   2005年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

わたしの職務経歴書 in KOBE

 引き続き神戸にふらりと越してきたお話。

 28歳のときちょっと色々あり、ここいらでちょっくら一人暮らしでもしてみるかと思い立った。最初は横浜あたりがいいかなと思っていたのだが、家族との仲は良好だったので、そんなに近くてはちょこちょこ実家に帰ってきてしまって、それではあまり一人暮らしをする意味がないだろうと。それに、家を出たのにたいして離れてもいない場所に住むなんて、なんとなく家賃分がもったいないようにも感じて。そこで、どこか知らない土地で、本当に一人で暮らしてみようと思ったのだ。

 で、どこがいいかなと考え、思いついたのが神戸だった。神戸には縁のある人もいて、前々から散々良いところだというのを聞かされていたし、実際に何度か旅行に来て、しっくりとくる感覚があったので、もうここしかないなと思ったのだ。関西は食べ物もみんな美味しいし。

 そして2002年7月にわたしは神戸に来た。世間では多摩川のタマちゃんやら、横浜でボラちゃんなんかが騒がれていた年だ。仕事はのんびり決めようと思い、ひさびさのなが~い夏休みを堪能した。無職のためあまりお金は使えない。美味しいレストランにも入らず、おしゃれなカフェでお茶をすることもなく、真夏にただひたすら神戸を歩き回っていた。でも、貧乏になることは最初から覚悟してきたし、そのときはただ街を歩くだけでも楽しくて仕方なかったのだ。

 家の周辺では、上は神戸大学までのぼって馬術部の馬を眺めたり、下は都賀川をくだって海まで歩いて、灘の酒造で日本酒の試飲をしたり。西のお隣王子動物園や、東のお隣、御影や岡本。三宮まで出て、北野や旧居留地、元町に南京町にメリケンパーク、ハーバーランド。どこを歩いてもわくわくした。さすがに初めてイノシシに遭遇したときはかなりびびったが。でも今でも残念なのは、そのときはまだデジカメを持っていなかったことだ。

 8月も終わりに近づいた頃、ようやく重い腰をあげて、神戸で初の就職活動をはじめた。が、まだフルタイムで働く気はなく、まずは登録制のデモンストレータのアルバイトで、前から1度やってみたかったワインの試飲販売を2日間だけした。2日で20本近くコルクを抜いた。ちょうどソムリエナイフを持ち始めた頃だったので、いい抜栓の練習になった。実はそれを少し狙っていたのだ。自前のナイフを持参して、派遣されたお店の店頭で試飲用のワインを開けていたら、そのお店のワインアドバイザーさんに、ラギオールなんかでそんな安物のワイン抜いちゃダメだよ、と言われて笑った。2日目の最後は試飲用に開けてあまったワインを、もてるだけ持って行っていいよと言われ、5本くらいもらってきて幸せだった。

 これで興味の方向は定まった。ワインをサーヴする仕事。人に喜んでもらえる仕事。人が喜んでいる姿が見られる仕事。で、できたら神戸の観光地で働きたい。と思って次に決めたアルバイトが、北野のフレンチレストランでのウェディングスタッフだった。ウェディングがあるときだけの不定期なアルバイトだったが、ほぼ毎週土日と祝日には出勤となった。実家の食堂の手伝いはたまにしていたとは言え、初の飲食業。やはり体はしんどいことが多かったが、新郎新婦やその家族、友人、誰もが幸せそうにニコニコと笑っている中で働くのは気持ちがよかった。朝、眩しいくらいに太陽の光が白く射し込むレストランのフロアで、一つ一つ磨き上げられたカトラリーやお皿をセッティングしていく時間は、なにもかもがキラキラと輝いて見える大好きな時間だった。テラスで乾杯をするときは、ソムリエがサーベライズ。それを合図に並べられたグラスにシャンパンを注いでいく。するとその泡は、太陽の光をうけて本当に黄金に輝いていた。

 この休日の仕事と並行して、平日はまた別のアルバイトもしていた。ある派遣会社の、調査員と銘打った実際には飛び込み営業のような仕事。毎日、ある決められたエリア内の企業や商店をしらみつぶしに歩いて回るというもの。10時~16時、昼休み1時間の実労5時間というゆる~い感じではあったが、仕事の中身はけっこうハード。歩くのはいいんだけど、飛び込みだから精神面が。でも、神戸市内のさまざまなエリアが見られるのが楽しい。いや、実はこの仕事を選んだのはそれが目的。仕事しながら土地勘を養えるから。この仕事のおかげでかなり電車の乗り方がわかってきた。そして同じ神戸市内でもエリアによってそれぞれ雰囲気や、空気が違うものなんだというのもわかって、良かったような、ちょっと複雑な気分のような。同じ灘区や、東灘区でも、南北によって随分と感じが違うから。というか、部落差別的なものを感じたから。

 とりあえず2002年中は、この2つの仕事をしていた。実は11月末頃にもう1つ、ホテルの配ぜん人紹介にも登録をしたのだが、その話と、2003年以降の職歴はまた今度。
 
[PR]
by mimimarutaro | 2005-11-30 23:12 | 仕事(飲食業)

動機はなんだと訊かれても-そしてつまらない嘘をつくわたし

 ここのところ急に人との交流が活発になり、はじめましてのご挨拶をする機会が増えた。自己紹介のようなものは、いつまでたっても慣れなくて駄目なのだが、さらに困るのは、実は現在わたしが神戸にいる理由なのである。

 関東と関西のさまざまな違いについては、色々と話しのネタになるため、最初に元々は神奈川に住んでいて、3年前に神戸に来たということは言うようにしている。が、その理由については、仕事関係でない人にはとりあえず、「仕事の関係で」と言っておくことにしている。そうすれば特に突っ込まれることもないからだ。

 が、何度か親しく会ううちに、どうでもいい美容院のスタッフをあしらうかのように、そんなつまらない嘘を相手についてしまっているというのが、心苦しくなってくるのだ。

 じゃあ、最初からそんな嘘はつかなければいいではないかと思うだろうが、これがなかなか本当のことを言うのが難しいのだ。と言うか、煩わしいのだ。というのは、わたしが神戸に越してきたのは、別段これと言った理由がないからなのである。昔のJRのCMじゃあないが、「そうだ、京都行こう」の感覚で、「そうだ、神戸に住もう」と思いたち、その思いつきだけで引っ越してきて、もう3年も住み着いてしまっている状態だ。

 なんだ、そんなことならはじめからそう言えばいいではないか、とお思いになるだろうか。しかし、人間なぜか理由の無い行動というのは受け入れ難いようで、本当の理由を言って、そうなんだ、とストンと納得してくれる人はほとんどいない。たいてい一度以上ははなんで?と訊かれ、なんでと訊かれてもこちらもとくに理由がないものだから、どうしたら相手が納得して、なんで攻撃をやめてくれるのだろうかと悩まなければならないことを繰り返していくうちに、すっかりその問答が煩わしくなってしまい、いつからか「仕事で」を言い訳に使うようになったのだ。

 でも、最近出会う人たちはみんな楽しく、とても好きな人たちばかりなので、そろそろこんな上っ面な会話は止めにしたいなぁと思うようになったわけなのだ。

 わたしはもともと、山と海が好きで、海岸線からずっと坂が山まで続いている地形はもう、悶絶するほど好みである。その点で、神戸、そしていま住んでいる六甲は、申し分ないくらい気に入った場所なのだ。ついでに言ったら、高校は、山の中の学校ということと、近くの緑地公園が気に入ったからという理由で選んだくらいだし。

 だから思いつきで神戸に来たのは本当なのだが、ただ、実家を出て独り暮らしをしようと思いたったいきさつに、ちょっと初対面では言い難いことが含まれるため、「なんで?」を繰り返されるのが嫌だったのだと思う。

 が、わたしが2度、3度と会う人は、すでに心を許している人たちだから、聞きたければ、お酒でも飲みながらならポツリポツリとお話していくと思いますわ。でも、ドン引きしないでね(^^;A。
 
[PR]
by mimimarutaro | 2005-11-30 12:22 | おもうこと・できごと

傷心中につき

日々の生活がまったくの脱力中であります。
一昨日はもう、とにかくわたしを放っておいて!と言った感じで、
この先もう永遠にブログを更新する気力など湧かないのではないかと思いましたよ。
そして、わたし以上にショックを受けて、体調を崩した人や、発熱した人もいたり。
それだけ今回の傷は深いのです。

え?なにがって?言いたくありません。(じゃあ書くなよ。)
お察しください。申し訳ありません。でもコメントも要りません。

しかし、わたしには少々マゾの気があるようで、やめときゃいいのに、
その日の夜中、自分で自分の傷口に塩を塗りこんで、さらに悶絶していました。

唯一、テレビ放送を見たことで、#26の謎が解けたことだけはすっきりしましたが、
小笠原くんの表情がアップで映ったとき、とてもいい目をしていたので、
彼が2度目のフィールドゴールを狙おうとしていたところを、パントに切り替えられたことと、
最初のTFPでのギャンブルという監督の采配が、わたしにはやっぱり悔やまれてなりません。
まあ、去年の彼の悪夢をともに見た監督の親心だったのかもしれませんが。

sigh.
やっぱりまだため息しか出てきません。
こんなときは仕事でもして気を紛らわせましょう。そうしましょう。 

*
[PR]
by mimimarutaro | 2005-11-29 11:34 | アメフト

仄暗い水の底から

うほほほほほ~!(既に壊れかけ)

こういうのダメなんですぅ~!恐いんですぅ~!

でも観たいような気もするんですぅ~!

で、パソコンで気を紛らわせながら観てますぅ~!

うひひひひひひひっ!

こええええ~!!!

普段なら気にもとめないような集合住宅の廊下の暗さや、防犯カメラの白黒映像、

そんなものが、ホラー映画になった途端に、なんでこんなに恐くなるんだろぉ~!?

どこまで観れるんだろう?

いや、全部観きってしまうかも。その可能性のほうが高いかも。

でも、そのあときっと、後悔するほど恐いぞ。

それでもいいのか?自分(; ̄― ̄)
 
[PR]
by mimimarutaro | 2005-11-25 22:08 | 本・映画

顔から雑巾の臭いがします( ̄ロ ̄lll)

 一昨日からの不調は、やはり風邪の初期症状だった模様。普段はまず喉が痛くなるのに、今回は喉OK。鼻水もなし。ただただ気持ちが悪くて、背中や膝が痛いという症状で、膀胱炎のけも気になったので、じたばたせずに病院に行くことに。

 自分の感覚では熱も無いだろうと思っていたのだが、病院で測ったら38.6度。 急坂を上って来たからじゃね~か? そりゃ眩暈もするわけだ(;―_―)

 血液検査で、白血球値等も落ち着いてるため、膀胱炎は既に治ってるとのこと。イェイ(*^-’)v。熱もインフルエンザなどではないらしく一安心。解熱とビタミンと栄養剤の点滴を打ってもらい、1時間ほど病院でZZZZ。14時過ぎに帰宅してまたもやZZZZ。

 そして、さっき起きたらすっかり良くなってました~♪ ご心配&仕事関係ではご迷惑おかけしました(^^;ゞポリポリ。

 で、体はよくなったのだが、鏡で顔を見てビックリ。しわしわカサカサ、粉吹きまくり(;―_―)。さすがに、美容に無頓着なわたしもこりゃマズイと、ママが送ってくれたスキンケアの試供品セットを使ってみることに。あまり聞いたことのないメーカーのものなのだが、15種類くらいのスキンケア用品が5mlずつ入っているというもの。

a0006252_17495324.jpg


 その中から今回は、その中のシワ、シミ、乾燥が気になる方用の天然原液ケアというので、ピュアプラセンタとピュアコラーゲン、ピュアヒアルロンの3本セットを使ってみた。
 ら、これが臭いのだっ!Σ( ̄ロ ̄lll)

 ピュアヒアルロンはほとんど無臭だったが、ピュアプラセンタとピュアコラーゲンが、すっげ~臭いのだ。なんだかたんぱく質が腐ったようなというか、アンモニアが混ざったような、なんとも言えない臭い(;―_―)

 肌がぴりぴりするようなことはなく、もう1セットの同じ試供品も同じ匂いがしたので、そういうもんなのかと全部つけてみた。が、顔から雑巾のような臭いがしますよ。で、耐え切れずに5分ほどで洗い流しましたよ(; ̄― ̄)

 同じ試供品の他のものは、臭いどころか、オリーブオイルのような、レーズンバターのような、思わずペロってしたくなるほど良い香りなのに。プラセンタとかコラーゲンって臭いものなの?ってかプラセンタって何?(苦笑)

 ちょっと調べてみたら、この会社、ちょっと胡散臭いようですねぇ(^^;A。でもモノはいいと気に入っている人も多いみたい。しかし、ママ、この試供品2セットもどうやって手に入れたのだ? なんか騙されたりしてないか? そっちのが気になるわい。
 
[PR]
by mimimarutaro | 2005-11-24 17:52 | 体のこと・心のこと

背中が痛い

火曜日の夜からどうも体調優れず。
水曜の休息でちょっとマシになったものの、
今朝はやっぱり背中と節々が痛い。
風邪か?熱も鼻水も咳も無いけど。
っつ~わけで、素直に病院に行くことにしました。
最近、病院嫌いはほぼ解消されているかも(笑)。
しかし厄年が抜けるまであと3ヶ月もあったとわ(-_-;)
[PR]
by mimimarutaro | 2005-11-24 09:30 | 体のこと・心のこと

営業

 この間の席替えで、わたしの後ろに営業の人が来た。実はすぐ後ろに座っているにもかかわらず、名前も知らないという大問題は置いておいて(笑)、この人がかける営業電話が、一日中よく耳に入ってくる。と、ついつい、自分が営業をやっていたときのことを思い出してしまうのだ(^^;A。

 後ろの人は、飛び込み電話営業のようなことをしているらしく、はじめましてのご挨拶から、こっちの用件の説明、そして担当の方を呼び出してもらったり、キーマンの名前を尋ねるなど、わたしが飛び込み営業をしていた頃の営業トークとほぼ基本は一緒。

 それを何本も何本も同じことを繰り返す。わたしは何軒も何軒も同じことを繰り返していた。そして何度も何度も無下に断られる。あああああ、彼の営業トークを聞いていると、昔のツライ思い出がよみがえってくるぅ~。°°(≧□≦)°°。

 しかも、自分が飛び込み営業をする前に、自分もオフィスで働いていたものだから、そういった営業や電話が来たときの事務の女の子の困りようもわかってしまうのだ。これはばしっと断ってしまっていいものなのかな?という判断が難しい。でも、ヘタに担当者の名前を教えてしまったり、電話を取り次いでしまうと自分が怒られることがある。事務の子も板ばさみ状態なのだ。

 営業の辛さと、下っ端事務業の困りよう、両方を生々しく思い出してしまって、この席ってば非常に精神衛生上よくないのよ~っ!! 夢見そう(ノ_・。)
 
[PR]
by mimimarutaro | 2005-11-21 17:59 | おもうこと・できごと

労災認定求む

昨日のお昼ごろから、おトイレの後に違和感を感じるようになった。
6月に膀胱炎をやったのだが、それの初期と似た感じ。むむむむ。まずいかも。
膀胱炎は割と多くの人がかかるものだし、薬さえ飲めば収束も早い。
ある意味ショボイ病気なのかもしれないが、実際にかかるとかなりツライ。
おトイレから出て、5分もしないうちにまた尿意に襲われたり、
排尿時の痛みや、気持ちわる~い違和感のようなものがなんとも言えない辛さなのだ。

で、膀胱炎は膀胱の中に雑菌がたまったり繁殖したりして、
膀胱や尿道が炎症を起こす病気なので、その雑菌や毒素を洗い流すべく、
昨日はマズイと思ってから、とにかく水分をたくさんとった。
水、お茶、がんがん飲んで、じゃんじゃん出すのだ(笑)。
そして、お腹を暖めて早めの就寝。

その努力の甲斐あって、今朝は症状がほとんど治まっていた。
のだが、うちの会社ってなんでかフロアがすっげ~さみ~のよ(-_-;)
冷えは大敵なのに(泣)。
いまのところなんとか酷くはならずに済んでるけど、
明日はカイロとひざ掛け持参で来よう。必需品だわ。

抗生物質もらって飲んでしまえば、あっと言う間に治るのだけど、
抗生物質を飲むと、必ずと言っていいほど他の病気も出てくるので、
なんとかこのまま自力で治癒したい。

そういや、6月に膀胱炎になったときも、
会社のクーラーが効き過ぎで寒かったんだっけ。
世間じゃあんだけクールビズが騒がれていたというのに(-_-;)
これってもしや、労災って言っていいんじゃないの?(怒)
 
[PR]
by mimimarutaro | 2005-11-21 15:26 | 体のこと・心のこと

どうでもいい話題


会社のトイレのペーパーがちょっと硬くなったような気がします(-_-;)


ところで今日はボージョレー・ヌーボーの解禁日ですが、みなさんはどうされるんでしょう?
今朝テレビで、夜中からヌーボーを飲んで騒いでる人たちの映像をひさびさに見ましたよ。
なんかバブルの頃を思い出しますね。


ついでにもう一つ。うりぼうを見ると思うこと。それは、
「ランニングバックの彼氏が欲しい~!」ということ。
きっと見事母イノシシから逃げ切って、わたしにうりぼうをプレゼントしてくれることでしょう。


はい。どうでもいい話題の3連発でした。
 
[PR]
by mimimarutaro | 2005-11-17 16:06 | おもうこと・できごと

Heurige 2005

a0006252_1765051.jpg いつの間にか毎年恒例となってしまったホイリゲ。今年も味わいに行ってきましたよ。この時期、一度はホイリゲを飲まないと。これでその年のワインの出来を確認するのだ。な~んて立派な舌や鼻は持ち合わせていないのだけれど、なんとなくわたしにとってホイリゲを飲みにいくことが、ワインを愛でる儀式のようになってしまったのだ。

 新酒を仕込んですぐの、本当に若い若いまだもろみの状態のワイン。「ホイリゲ」というともう新酒の意味になるから、正確にはシュトルム? でも、日本では新酒はヌーボーで、このもろみの状態のワインはホイリゲで通っているっぽい。微炭酸でシードルのような色と味と甘さ。アルコール度は、3~5%くらいだろうか。お酒の苦手な人でも美味しく飲めると思う。

a0006252_17717100.jpg ドイツやオーストリアでは、この時期ホイリゲ(シュトルム)はあちこちで飲めるらしいのだが、日本では酒税法の関係で、ワイン醸造場以外での販売(移動?)が禁じられている。そのため、日本でホイリゲを飲みたければ、この時期に、ホイリゲをふるまってくれるワイナリーに行って飲むしかない。そして幸運なことに、神戸には毎年だいたい11月いっぱいまでホイリゲを飲むことができる、神戸農業公園があるのだ。

a0006252_177469.jpg 今年は、神戸ワイン城(農業公園)は入園が無料になっているかわりに、ホイリゲの試飲は有料(コップを100円で購入)だったのだが、いままでで1番たくさん飲んだかもしれない(笑)。いつもは小さなコップで、何回も注ぎにいかなくてはいけなかったり、無料だからという遠慮もあったので(^^;A。

 で、今年のホイリゲは、去年に比べると少しさらさらした感じ。いや、去年の粘度がとくに高かったのだと思うけど。でも、酸味の少ないフレッシュで優しい甘さはいつもの通り。あ~、うま~い♪ 添加物もほとんど無いと考えていいんだろうな。ほんと~に美味しい♪

a0006252_178166.jpg 農業公園では、のんびりとお散歩もして、その他のワインの試飲(無料)や、ここでしか飲めない蔵出しワイン(1杯200円)なんていうのも飲んでみた(写真左のやけに泡立っているやつ)。「ここでしか飲めない」これに弱い(笑)。が、これは大失敗。なにがど~なってこんなことに?!というほど酸味がひどい。味も香りもなく、ただただすっぱ味だけの液体だった。一樽空ける途中で、ヘタに発酵がすすみすぎちゃったのかしらねん(ノ_・。)

 失敗もあったが、今年も無事ホイリゲが飲めました♪という満足感で、心は満ち満ち。さ~、これからユニバーに移動して、気合入れてKGの応援するぞ~☆
 
[PR]
by mimimarutaro | 2005-11-16 17:10 | グルメ(お酒)


のあのあな生活を送りながら、もろもろのことを楽しんで


by mimimarutaro

プロフィールを見る
画像一覧

☆お知らせ☆

最新のトラックバック

盗撮リンク
from Megaporn盗撮ライブラリー
吉木りさ 熱愛中の彼氏と..
from 吉木りさ 熱愛発覚を決定づけ..
太陽光発電 省エネ住宅 ..
from 太陽光発電 省エネ住宅 太陽..

最新の記事

バトラーズ・フレンド
at 2012-10-07 12:12
ズゴック豆腐がいまいちだった
at 2012-10-06 14:14
フィルムスキャナー買っちゃった♪
at 2012-10-05 13:55
アメフト秋季リーグ開幕!
at 2012-09-04 17:20
野球観戦の夏
at 2012-09-02 11:42

カテゴリ

全体
おもうこと・できごと
本・映画
F1・車
アメフト
犬のこと
お金のこと
お家のこと
体のこと・心のこと
テレビ
ブログ・パソコン
短歌川柳
グルメ(お酒)
グルメ(外食)
グルメ(料理)
グルメ(商品)
携帯からつぶやく
CM・ポスター
社会・企業・問題
仕事(専業主婦)
仕事(テレホンオペレーター)
仕事(賃貸住宅仲介業)
仕事(飲食業)
仕事(部長の実験台)
仕事(就職活動)
おでかけ
恋愛
その他の趣味
未分類

以前の記事

2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
more...

フォロー中のブログ

☆☆☆ 神 戸 ☆☆☆
雑感 あるいは 玩具箱
*** ユ ミ ***
杏ダイアリー
掬ってみれば無数の刹那
お転婆コーギー犬とEOS...
貧乏OL生活
相模大野 BAR オード...
ギャラリー猫の憂鬱
~人生楽ありゃ苦もあるさ~
サモエド クローカのお気楽日記
暇な日
ぽぽ日和
デイリーパンダ
balmy**
ゆとりすと ~心のゆとり...
びびと私@とるにたらない日常
***ユミえもん*** ...
それいゆ1号
~秋色紫陽花と暮らす日々~
コーギーと風に乗って
40歳と36歳と猫2匹の日常
DreamFighter
ChezdanLife~...
旅の目
アルファのいる暮らし
Corgi Cottage*
猫とカメラと美味しいもの...
ヤマダです、茶トラです、...
ライズRB&TEバチコンブログ
そこそこです
ネット通販生活
車検に代車は要らないから...

外部リンク

検索

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧